雁皮紙

雁皮紙

本を注文する


「楮紙」「三椏紙」とともに、日本が世界に誇る最上の名紙、「雁皮紙」。
雁皮紙は、古代において斐紙その後は間以合紙、鳥の子紙、薄様などと呼ばれてきました。
楮紙が大多数の中で、九牛一毛ともいえる程僅かな生産量ながら、その強靱な特性を活かした特殊な用途が日本文化の中で生き続けているのです。

付録「雁皮紙収穫報告書」は、大蔵省紙幣局から明治10年に発行されたものを忠実に複製したものです。

解説は、文化庁・調査官柳橋 真氏があたりました。


雁皮紙標本紙